マキシスカートのおすすめは?大人可愛いコーデが人気の3つを紹介!


今年も人気の高いマキシスカート
かわいいだけでなく日焼け対策や暑さ対策にもなるのがいいですよね。^^
 
サンダルにもよく似合うので夏は特に出番が多くなるマキシ丈ですが、可愛すぎるのはちょっと・・・という方もいるかと思います。
今回は甘すぎない大人コーデにおすすめなふんわり生地のマキシスカートをご紹介します。
 

大人可愛いマキシスカート

大人っぽく見せるなら、断然単色カラーがおすすめ。
無地のほうがスッキリと見せてくれて細見え効果も期待できます。^^
 
ハイウエストに履けるものなら足長効果も期待できそう?
 

HENANA

マキシスカート=夏というイメージですが、オールシーズン着れそうなマキシスカートがこちら。

 
19色とカラーバリエーションも豊富で、落ち着いた色から明るめの色まで揃っているのが嬉しいですね。^^
 
裏地付きで透けないし真冬でもなければ着られるのも使い勝手が良いです。
 
ウエストはゴムなので履きやすく素材に綿が入っているので、抜け感のある大人コーデが楽しめそうです。
 

口コミ

身長は152cmくらい、体重は70Kg前後です。
いつもは太っているので、XLやXXLのを買ったりするのですが、ウエストサイズを見たらこちらのは結構幅広いので、背が低いこともあり、Mにしました。
157cm、40kgで細身ですがウエストは少し緩いですがゴムなので大丈夫です。
着てみたら軽くて広がりすぎず、シワも生地の性質上気にならず、購入してよかった1品です。
ちなみに160cm、47Kg、標準的Mサイズ人間ですが、ロング丈でくるぶしぐらい画像通りの感じでした。
身長167センチで足首少し上くらいの長さです。
裏地は表と同じ生地の膝上くらいのスカートが中についている感じです。

 
ウエストのサイズよりも丈の長さで選んだほうが良さそうですね。
ウエストゴムならではの利点でしょうか。
 
 

サンフラワー(SUNFLOWER)

綿麻混で汗ばむ季節でも涼し気に履けるゆるふわマキシスカート。

こちらも裏地ありなので透けにくく、お値段がお手頃なので1シーズン履き潰しても買い替えられる手軽さが魅力の1つ。^^ 
カラーは全部で8色。
落ち着いたカラーが揃っているので着回ししやすいです。
 

口コミ

身長150cm、一番長い丈でくるぶしが隠れるくらいです。
長いけど引きずるほどではありません。
ロングで履きたかったので長さはgood!
158センチ・49キロ、お腹ぽっこり+下半身ぽっちゃりです。
85CMのブラック購入しました。丈は足首よりちょっと上で、スニーカー履くと少し足首がみえていい感じでした。
身長が160なので長さは85cmでちょうど良かったです
身長が172あるので長さが充分なマキシはあんまり見たことがありません。
ウエスト履きだとくるぶしが完全に見えますが腰履きで地面スレスレになります。

 
こちらはM、Lといった表記ではなく何センチといった表記なので、欲しいサイズがわかりやすいですね。
 
 

エティーショップ(etiishop)

お値段もお手頃ながら、ナチュラルにもキレイめにも着られるのがこちら。

カラーは全部で20色。
シックな色からパステルカラーまで揃っているので自分に似合う色が見つかりそうですね。
 
素材はポリエステル100%でシフォン感があり、トップスによってはキレイめコーデにも使えそうです。
こちらも裏地ありなので透けにくいですよ。
 

口コミ

155センチで90を購入しました。マキシ丈で希望の長さです。欲を言えばあと2センチ短いと良かったのですが、厚底のサンダルをはくとピッタリです。
80だと短すぎたと思うので、90を購入して正解でした。
身長157cmでウエストで履くとくるぶしくらいのロングですが、胸のあたりまで上げて履くとミモレ丈で履くことも出来るので、使い分けが出来そうです。
透けないですし涼しげでトップスを工夫すると少しのお出掛けに着られる程上品に着こなせます
因みに太目ですがすっきり見えます
165センチでくるぶしの上程のロングになります
身長168センチ、ロング丈を買いましたが足首のアンクレットが見えるくらいで、ちょうど良かったです!

 
あえてロング丈を買って、その日の気分でミモレ丈にも使うとはやりますね!
ミディ丈も買って、その日の気分で膝丈にするという手もありかも。^^
 
 

さいごに

大人が着ても甘すぎずに可愛く決まるマキシスカートをご紹介しまたが、お気に入りは見つかりましたでしょうか?
お手頃なものが多いので色違いで着まわせば夏の服選びに迷わなさそうですね。^^
 
 
こちらの記事もおすすめ
CHECK>>ゴムフィットサンダルでコーデも簡単おしゃれな人気カラーを紹介
 


最新記事
おすすめ記事
検索
アーカイブ
カテゴリー
タグ

ページの先頭へ