珪藻土バスマットのお手入れは紙やすりの何番手を使う?おすすめのサンドペーパーも紹介!


 
珪藻土バスマットを長年使っていると、陰干しだけでは吸水力が落ちてきますよね。
 
珪藻土の吸収力を復活させるには、サンドペーパーと呼ばれる紙やすりで磨くと表面が削れてまた水分をぐんぐん吸ってくれます。
 
しかし、紙やすりには番手が無数にありどれが珪藻土バスマットに最適か迷いますよね。
 
そこで今回は、珪藻土バスマットに最適なサンドペーパーをご紹介します。
 

紙やすり・サンドペーパーの何番とは?

紙やすり(サンドペーパー)は目の粗さに応じて番号がふられています。
番号が小さくなるほど目が粗くなり削りやすくなるので、様子を見ながら少しずつ削っていくと失敗が少ないです。
 
反対に番号が大きくなると目が細かくなっていき磨きやすくなります。
1種類の紙ヤスリですべてまかなうより、2~3種類ちがう番号を用意しておくと良いでしょう。
 
珪藻土バスマットであれば、粗目~中目の番で削り、中目~細目の番で磨いていくと綺麗に仕上がりますよ。
ぜひ試してみてください。^^
 
 

ズバリおすすめサンドペーパーはこの3つ!

で、結局どれが珪藻土マットのお手入れに最適なの?
と余計迷ってしまう人もいますよね。^^;
 
1つずつ何番手を買って・・・となると番号を探すだけでも大変です。
そこで、細かいことは気にせず粗い目から順番に使えばOKなセットをご紹介します。
 
 

アサヒペン サンドペーパーセット 6枚入り

1つめはこちら。
 

 
セット内容
 粗目:60番×2枚
 中目:120番×2枚
 細目:240番×2枚
 
合計6枚セットのこちらは93mm×228mmと使いやすい大きさになっています。
これ1セットで削りと磨きができてしまうので簡単にお手入れ可能です♪
 
 

BIGMAN(ビッグマン) 紙ヤスリセット 18枚入り

つづいて2つめはこちら。
 

 
セット内容
 粗目:120番×6枚
 中目:240番×6枚
 細目:400番×6枚
 
合計18枚セットのこちらは、サイズ76mm×140mmと最初に紹介したものより少し小さめ。
中目~細目よりなので細かく磨いていきたい人に向いてます。
 
 

EF サンドペーパー ウッドデッキ用 6枚セット

最後はこちら。
 

 
セット内容
 粗目:80番×2枚
 中目:150番×2枚
 細目:320番×2枚
 
合計6枚セットのこちらは、93mm×228mmと扱いやすいサイズです。
ほどよく使いやすい番手が揃っているので使いやすいセットですね。^^
 
 

さいごに

今回は、珪藻土バスマットをすぐにお手入れできる紙やすりのセットをご紹介しました。
どのセットも削りから磨きまでできる番号が入っているので安心です。
 
慣れてきたら自分の使いやすい番号に調整すると、より使いやすくなると思います。
こだわりたい方はぜひ馴染みやすい番号を探してみてくださいね。^^
 
 
こちらの記事もおすすめ
CHECK>>珪藻土バスマットを乾かすなら収納にも便利なこのスタンドがおすすめ
 
 


タグ: 

カテゴリ:日用品 

最新記事
おすすめ記事
検索
アーカイブ
カテゴリー
タグ





ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。